「RO水+ミネラル」について
07.

「安全性」と「おいしさ」を追求した体に良い水

articles

RO水+ミネラルは「安全性」と「おいしさ」を
追求した“体に良い”水!

「RO水+ミネラル」=「クリアな水+バランス良いミネラル」は、究極の“体に良い水”

RO水とは逆浸透膜と呼ばれる超極小孔フィルターでろ過を施した水のことです。ROとはReverse Osmosis(逆浸透現象)の略で、通常のろ過を行うフィルターよりも細かい、0.0001ミクロンという極小サイズにてろ過されます。これにより、“加熱殺菌なし”で、水に含まれる不純物、重金属、細菌などが取り除かれ、限りなく純水に近い水になります。不純物を排除しているので“安全な水”を飲みたい方や妊婦、乳幼児も安心して飲むことができるのです。

ただ、RO膜処理によって、天然水に本来含まれているミネラルもろ過されてしまいます。そのため、ろ過後にミネラルを調整配合し、“おいしさ”も追究。安全度を高めた上で味を調整しているので、“デザインウォーター”とも呼ばれています。 RO水+ミネラルは「安全性」と「おいしさ」の両方を追求し、“体に良い水”としての条件を兼ね備えた、新たなカテゴリーの水と言えるでしょう。

「安全」と「おいしさ」を追求したRO水+ミネラルができるまで

出典:アクアクララHP