イマドキ「水」事情
02.

水道水の生水、飲用率3割切る

articles

水道水を生のまま飲んでいる人は3割にも満たない?

無印良品の「くらし良品研究所」の調査によると、全国で、普段の飲み水や料理の水として使っているのは、水道水83%、井戸水や湧水4.5%、ペットボトル(含宅配)40%と、水道水は私たちの日常を支えている水と言えます。ただ、その水道水を生のまま飲んでいる人は3割を切り、臭いや安全性の問題から、半数の人が浄水器を使い、40%の人がペットボトルや宅配などで水を買っているのが現状です。

水道水の生の水を飲まない主な理由(調査結果の自由意見から)

  1. 水道水はカルキ臭いから(水の汚れのアンモニア性窒素と消毒塩素の反応)
  2. 各家庭への配管のメンテナンスは自分でできないので不安だから
  3. 放射性物質のリスクを避けるためなど、水道水の臭いや安全面の不安からが多く見受けられる

水道水は生水を飲みますか(2012年5月)

出典: 無印良品 くらしの良品研究所