最新情報

経験者に学ぶ備蓄の心得!
水を考えるプロジェクト備蓄に関する調査2015.08.26

震災経験者の9割以上が“水”の備蓄が大切だと回答!

9月1日の“防災の日”を前に、人が生きていくために欠かすことができない「水」の備蓄についての調査と、備蓄についての意識実態・現状について調査いたしました。本調査の結果、「震災前後で事前に備えることの大切さを感じた」という意識実態や、ライフラインの断絶などが原因で、「9割以上が震災時に“水”が必要だったと感じた経験がある」ということがわかりました。