最新情報

「水のトレーサビリティや安全性に関する調査」2015.03.18

食品偽装で高まる安全性への意識!
食品の安全性は意識しても、水の安全性は意識していない?
安全性への意識度 「食品」62.0%に対し「水」はわずか37.8%

改めて飲み水に関する意識を明らかにするため、10代から60代の男女600人を対象に、「水のトレーサビリティや安全性に関する調査」を実施しました。今回の調査結果から、食よりも水に対する安全性やトレーサビリティの意識が低いこと、実際に食品や飲み水を選ぶ際に最も重要視しているのは「価格」であることが分かりました。